世良公則

2020年05月01日

スポンサードリンク
世良公則がツイッターで

『国民は家にいるんだから、お前たちは、一緒に歌おう、踊ろうって言ってればいいんだ。仲間達はやってるぞ。国民楽しませてればいいんだよ』

と言われたことについてアーティストを侮辱していると怒っているとのこと。

言い方は確かに棘のある言い方で世良公則としてはムカついたことだろう。

これは分かる。理解できる。

しかし・・・だ。自分は、何者なのか?を考えた時、今やるべき事ってのは政治家に対してああしろこうしろと注文を付けることではないと思う。

アーティストであるならアーティストらしく自分にできることで人々の心を和ませればよいと思う。

電車の運転手の運転にケチをつけるのなら電車を降りればよい。

政治に対してあれこれ注文を付けるのはぶっちゃけると『誰でもできる』。

テレビを見れば無責任にあれこれ吠えてるコメンテーターが掃いて捨てるほどいる。

ああいうレベルの人間と自分とが同じになることを世良公則は知っておいた方が良いと思う。

アーティストが誰でもできることをしてはいけない。

逆に歌のことを知らない人間から歌い方についてああしろこうしろと言われた時、素直に言う事を聞けるのか?という話ですよ。

歌の素人が余計な口出しするなと思うよね。そういうことですよ。

別に世良公則を侮辱して言ってるんじゃなく、政治家としての沽券にかかわる話ってこと。

政治家にあれこれ言うのではなく、政治でカバーしきれていないところに手を差し伸べればよかっただけ。

マスクを寄付するとか、医療従事者に防護服を寄付するとかいろいろあると思うよ?

そう言うところに気づかないから侮辱されたっていう風にしか受け取れないんだよ。

自分は基本、自分の専門分野に特化してればよいと思ってる。

だから、ビートたけしがニュース番組に出てコメントしてるのを見てると違うだろっていつも思ってみてる。

話してる内容が正しい間違いではなく、お笑い芸人がそこに居るのは違うだろという意味。

ビートたけしの場合はテレビ局から出てくれという要請があったから出演してるんだろうけどね。

世良公則は、政治家から『俺の行動についてコメントくれ』とは言われてないはず。つまり出しゃばるなってこと。

本気で政治に取り組むならアーティストを辞めて政治家になればいいだけ。簡単なことだよね。
コメント(0)│ 
ギャラリー
ブログランキング
  • ライブドアブログ